日曜祝祭日配達続報

こんにちは、山路ですm(__)m

 

さて、先日第一報としてご連絡いたしました、日曜祝祭日

 

配達の続報ですが、該当する宅配会社のHPにもその文書が

 

アップされました。

(こちらを参照⇒http://corp.fukutsu.co.jp/upload/save_pdf/1512038432208.pdf)

 

一番の目的は、日曜祝祭日の配送数量を減少させ、ドライバーさんの

 

労働環境改善のようです。

 

1荷物が200円(税別)ですので、弊社とたしましても、大変申し訳ございませんが

 

どこかのタイミングで、日曜祝日配達後希望の方にはご負担を頂く形

 

させて頂くようになります。

 

また、弊社が取引させて頂いている福山通運様や西濃運輸様は基本的には

 

法人(B)⇒個人(C)ではなく、法人(B)⇒法人又は店舗(B)のお客様が大半を占めており

 

特に日曜日や祝祭日の集荷及び配達が非常に少ないビジネスモデルです。

 

このような流れの中で、今後は日曜祝祭日の配達自体のサービス終了へと

 

移行していく可能性も否定できません。

 

皆様には日祝祭日の配達にならないように、在庫の確認と余裕のある

 

ご注文を頂きますようよろしくご協力の程お願いいたします。

宅配荷物増大!

おはようございます。山路ですm(__)m

 

早いもので今年も残り2週間ちょっととなりました。

 

また、ここ数日の最強寒波の影響で、交通等が乱れている

 

地域もあるようですね。

 

加えて、お歳暮シーズンであることと今年に入りに大きな社会問題に

 

なっている宅配業界における労働問題や荷物増大によるドライバー不足です。

 

新聞紙上では最大手のヤマト運輸が対前年比の荷物量が約5%減少したとありましたが、

 

実際の全国における総宅配物の数量は増加しているとのことですので、

 

他の宅配業者がその分の影響を受けていることになります。

 

加えて、この問題が大きく取り上げられるようになってから、長期休暇前の

 

発送が早くなり、これから25日頃までの配達がピークのようです。

 

時間の遅延だけでなく、到着自体が1-2日遅れることもありますので

 

皆様にも余裕を持ったご注文をして頂くようによろしくお願い申し上げます。

 

 

日祝日配達に割増運賃

おはようございます。山路ですm(__)m

 

某宅配会社が12/1を翌日に控えた一昨日に弊社へ

 

日祝日割増運賃のご案内を持って来社されました。

 

あまりにお客様への通知や周知をする時間がないことと、

 

何点か確認して頂かなければならない点があり、とりあえず

 

宿題として持って帰って頂きました。

 

理由は人手不足による長時間労働等の労働環境改善とコストアップ

 

による対応とのことでした。

 

ヤマト運輸さんをはじめとする宅配会社の報道から大きな社会問題とも

 

なっており、特に法人から法人(個人以外)のお客様を中心として

 

配送を行う宅配会社に配達をお願いしているので、日祝祭日の

 

配送数量が平日に比べて極端に減少する為、致し方がない部分も

 

あるのも事実です。

 

コスト負担をしても良いと言うのであれば別ですが、厳しい世の中で

 

少し早めに注文を頂くだけで、そのコストがかからない方がよいとも

 

思っています。

 

また、一部の宅配会社は日祝祭日の配達自体の廃止視野に入れていると言う

噂もあります。

 

国の「働き方改革」は運送業界に大きな変革が起こる状況になりつつあります。

 

弊社も逐次情報を更新し、皆様にご協力を頂かなければならない時期が

 

そう遠くない時期に来る可能性があると考えていますので、

 

よろしくご理解とご協力をお願いいたします。

年末年始のオガ炭の注文はお早めに!

こんにちは。山路ですm(__)m

 

先日、弊社共同産業のHPでも年末年始休暇等についての

 

ご案内いたしましたが、今年に入ってからのヤマト運輸さんからの

 

物流問題を発信して以降、目まぐるしく状況が変化し、以前は

 

当たり前であったことが、実施できないことも出てきております。

 

また、ヤマト運輸等のBtoCを中心としてきた業者が、特に厳しい対応を

 

しており、その結果当社がお願いしているBtoBを中心とした運送会社にも

 

大きな負担が転嫁されており、物流全体が厳しくなっております。

 

特に今年の年末年始休暇は長いため、中旬から下旬にかけて荷物の集中

 

が予想されます。

 

出来るだけ、トラブルや遅延を防ぐために、余裕を持ったお早目のご注文

 

をよろしくお願いいたします。

 

 

 

換気に注意!

こんにちは。山路ですm(__)m

 

今週に入り、急激に気温が低下し、東日本や北日本では

 

寒気が入り降雪を初観測したところもあるようです。

 

まずは皆さん、急激な気温変化は体調を崩しやすくなりますので

 

十分にお気を付けください。

 

さて、本題ですが、気温が低下してくると、どうしても暖気を

 

逃がしたくないために、換気不足になりがちです。

 

オガ炭をはじめとする木炭は燃焼時に一酸化炭素を発生いたしますので

 

換気が非常に重要になってきます。

 

換気するときは寒いかもしれませんが、最悪の場合人命にかかわることもあります。

 

正しい知識でご使用になれば、全く問題ありませんので、

 

一酸化炭素中毒があり得ると言うことを念頭に置いて

 

ご使用してくださいね!!

 

火事に注意!!

こんにちは。山路ですm(__)m

 

11月に入り、急激に寒くなりましたね。

 

業務用だけでなく、火鉢等の暖房用としてオガ炭を購入される方も

 

ちらほら見かけるようになりました。

 

共同産業のオガ炭は一度着火すれば長時間使用できると言うことで

 

暖房用としても好評です。

 

一方で、燃焼している炭の上に物が落ちたり、ダクトに火が入ったりする

 

こともこれから季節は多くなりますので、

 

①周り燃えやすいものがないか?

 

②帰宅時や就寝時に火がどこかに飛んだり、くすぶったりしていないか?

 

などに常に注意しながら、安全かつ快適にオガ炭を使用しましょう!!

 

 

 

火鉢にもオガ炭!

こんにちは。山路ですm(__)m

 

ここ2週間連続の台風接近で、急激に気温が低下して来ましたね。。

 

今年は秋があるのか?と言うぐらいのスピードで夏から冬になってしまいそうですね。

 

このような急激な温度変化あり、ここに来て「火鉢に共同産業のオガ炭」

 

を使用されるお客様からの注文が徐々に増えてきています。

 

共同産業のオガ炭は高温で炭化していますので、長時間じっくり

 

使用できるのと、匂いも少ないので好評のようです。

 

また、等外品で数量に限りがありますが、「割れオガ炭」が

 

好評ですよ。

 

詳しくは下記をクリック!!

http://www.kyodo-sangyo.jp/ec02/products/detail.php?product_id=15

 

年末に向けて

こんにちは。山路ですm(__)m

 

10月も20日を過ぎ、今年も残すところ70日と少しですね。。。。

 

気が早い?そんなことはありません。

 

共同産業のオガ炭は毎週同じローテーションで製造しており、急な

 

増産は出来ませんので、年末年始に向けての準備を着々と進めております。

 

加えて、宅配会社も年末に近づくにつれて、例年以上に皆様のお手元に

 

到着するまでに時間がかかる可能性がかかると予測されます。

 

皆さんも、ここ数カ月で物流の環境が激変していることはメディア等でも

 

ご存じかと思いますが、自分のところは違うと思わずに、頭の片隅にでも

 

入れておいてください。

 

また、弊社が販売しておりますマレーシア産の輸入オガ炭も遠方から

 

船を乗り継いで日本に入ってきますので、年末のオーダーへの対応を

 

既に始めています。

 

よろしくご理解とご協力の程お願いいたします。

 

バイオマスの状況

おはようございます。山路ですm(__)m

 

10月に入り朝晩の気温がグッと下がってきましたので、体調管理には

 

十分気を付けましょう!(と言う私は先週から風邪気味です・・・・)

 

さて、国の再生エネルギー固定買取価格(FIT)が開始されて以来、

 

バイオマス発電所の申請や建設及び稼働が急増しております。

 

多くは、日本国内の山林の未利用材や製材所から発生する端材や木の皮、

 

弊社のオガ炭の原料となるオガ屑等を原料として使用することになっています。

 

もちろん、海外のヤシの殻(PKS)等も使用することになっています。

 

下記の(一社)日本木質バイオマスエネルギー協会様の講演会資料にもあるように

 

確実に木質系の材料が圧倒的に不足すると言うデータが出ています。

 

すでに未利用材は勿論、オガ炭の原料となる製材所の副産物である

 

「オガ屑」も争奪戦になっており、当社も更に厳しい原料確保に向けての

 

競争に巻き込まれていく可能性が高くなっております。

 

先日も日経新聞に記事が掲載されていましたが、バイオマスエネルギーの

 

原料を海外から大量に手配をせざるを得ず、本当に再生エネルギーは日本の

 

為になるのかと言う論調もありました。

 

どこかで線引きが必要なんでしょうね。

 

<参考資料>

(一社)日本木質バイオマスエネルギー協会様

2017年関西バイオマス展基調講演会資料

http://ur0.link/GgoD

 

環境及び社会貢献ページの追加!

こんにちは、山路ですm(__)m

 

先日、オガ炭業界初の「エコアクション21」の承認取得をご連絡いたしましたが、

 

更に弊社の取り組みを外部の皆様にも発信していく試みとして、弊社HPへ

 

「環境及び社会貢献活動」のページを追加いたしました。

 

特に工場内で行っている取り組みに関しては、外部の皆様からは見えにくく

 

「オガ炭を生産する共同産業は何をやっているのだろう?」と思われがちです。

 

今回は皆様にも、共同産業がどのような取り組みを行っているかを見える化いたしました。

 

これからも、取り組みをどんどんアップしていきたいと思います。