オガ炭を生産するときに発生する熱利用について

ヒートポンプ①.jpgおはようございますm(__)m

 

先週、山口へUターンenterしてきて以来、

 

非常にお世話になっている三笠産業㈱佐伯社長building

 

東京の汐留駅trainでばったりとお会いした山路です。

 

山口でもめったに合わないのにcoldsweats01(笑)・・・・

 

お互いびっくりした出来事happy01でした。

 

ちなみに、日曜日に佐伯社長が経営されている

 

「花陰」(⇒HPはここhttp://www.hana-kage.com/ 

 

で嫁とランチrestaurantをしてきました。おいしかったscissors

 

 さて、オガ炭を 生産するときに大量の熱が発生eyeしています。

 

工場の様々なところから発生し、現在はそれをただ放熱downしています。

 

これだけ原油等が高くなってくると、今後はただ放熱をしている

 

もったいないこの熱をいかに利用するかeye

 

考えていかなけれればなりません

 

これまでも熱利用を色々考えてきているんですが、

 

なかなかコストの問題もあり難しいのが現実です。

 

まずは、いかに熱を集めて熱利用できるかを

 

色々な角度から検討していきたいと思ってます。

旧正月のオガ炭の影響は?

111.jpgこんにちはm(__)m

 

数年ぶりに、車を運転rvcarしていても前があまり

 

見えないぐらいの山口での雪snowにびっくりした山路coldsweats01です。

 

今朝起きた時は、snowは降っていなかったのですが

 

7時前に出勤rvcarしようとしたら。。。吹雪snowtyphoonでしたdown。。。。

 

山口県の瀬戸内側は年に数回しか雪の降らない

 

温暖な土地なんですが。。。ほんとにびっくりです。。。

 

さて、旧正月eyeが中国や東南アジア地域のほとんどのところで

 

明けたようです。

 

先日、乙仲さんとお話をしていたところ、旧正月前の輸入貨物ship

 

の量は半端じゃなく多く、いつもてんてこ舞いだそうです。。

 

ただ、旧正月中は税関もほとんどすべてが休みなので、

 

来週あたりの入庫は少なくなるとのことです。(旧正月前の最終便が入港後は少し落ち着く為です)

 

 さて、その旧正月のオガ炭の影響ですが、

 

現在言われているのが、

 

①旧正月中に内陸部や自国へ帰省した労働者が職場へ戻ってこない

 (出稼ぎに行かなくても良くなりつつある)

 

②原料不足による生産が十分にできない

 

③中国や東南アジア地域での国内の経済が徐々に向上しつつあり、

 自国での消費が上がっており、輸出をしなくても利益が出る

 

④労働集約型の仕事以外にも選択肢が多くなってきている

 

等が言われております。

 

オガ炭だけでなく様々なものに大きな変化があるかもしれない

 

と考えておく必要もあるのかもしれませんね。。ear

 

 

 

かき祭り

牡蠣まつりブログ2011.jpgおはようございますm(__)m

 

先週日曜日に、「大野かきフェスティバル」restaurant

 

嫁の実家へ行く途中に行ってきた山路です。

 

大盛況で多くの方がいらっしゃっていました。

 

広島ではカキか全国でも有数の産地で

 

山口で生まれ育った私は小さい頃から

 

牡蠣=広島のようなイメージがあります。

 

他にも全国各地で有名な牡蠣の産地もありますが。。。

 

また、1月~3月上旬は、広島地区では各地で

 

「かき祭り」sunが催されます。

 

カキフライや炊き込みご飯、土手鍋

 

そして焼ガキeye等が多く出店されています。

 

その中で、焼ガキの燃料は、やはり炭でしたsweat02。。。

 

来年は共同産業のオガ炭rockを「カキ祭り」でも

 

買ってもらえるようにがんばります。

 

 

 

 

 

世界の食料価格が過去最高値

記事2011_02_04.jpgこんにちはm(__)m

 

土曜日の朝は平日の朝と通勤するcarの量

 

びっくりするぐらい少ないことを改めて

 

実感した山路ですm(__)m

 

 さて、昨日の日経新聞に添付資料の通り、

 

世界の食料価格 最高eyeとの見出しが。。。

 

やはり、新興国の消費の増大upwardrightや南半球や南米を

 

襲っている天候不順down、欧米の寒波による飼料

 

の需要増大によるものだそうです。

 

コーヒー豆も砂糖も急激に国際価格が上昇しています。

 

なのに日本は相変わらずデフレdown。。。。

 

本当に日本はこのままで良いのでしょうか。。。。

 

心配です。。。。

 

そんな厳しい状況でも、共同産業は品質も

 

全社員の意識もレベルアップupをするために

 

一生懸命「オガ炭」を生産、供給していきます。

 

 

 

オガ炭と自然備長炭の併用

P1000492.JPGこんばんわm(__)m

 

 土曜日の夜から降った雪snowで日曜日はクローズのゴルフ場

 

が多かったにもかかわらず、3か所ゴルフ場を回って

 

意地でゴルフgolfをやったゴルフバカgolf山路です。。。

 

本当に馬鹿ですね(笑)sweat02。。。。

 

さて、最近、中国産自然備長炭がなかなか入庫していない

 

地域もあるせいでしょうか、色々な質問を頂きます。

 

その中に「共同産業のオガ炭と中国産自然備長炭」を

 

併用できますかeye

 

との問い合わせがありました。

 

もちろん回答は「YES!」rockです

 

コスト低減と爆跳対策、そして足し炭shine

 

として使用できます!

 

もちろん、オガ炭単独で十分使用もできますが、

 

自然備長炭と共同産業のオガ炭を併用される方も

 

非常に多くなってきています。

 

ぜひ皆さんも、一度、共同産業のオガ炭を

 

自然備長炭と併用する方法も考えられてみたらいかがでしょうか?

オガ炭工場の所在地

工場①.jpgおはようございます。

 

明日の天気予報が雪snowdownなのに、

 

なにがなんでも久しぶりのゴルフgolfshine

 

やりたい山路scissorsですm(__)m

 

 明日の山口県の天気は、最低のゴルフ日和の

 

雪だそうです。。。合間を縫ってgolf(笑)。。。

 

 さて、日本国内にはオガ炭工場が15社程度あると

 

業界の方から聞いております。。。

 

その話から行くと、全てのオガ炭工場が大井川より西側

 

にあります。

 

製材所は全国各所にあるので、原料となるオガ粉は十分かどうかは別として、

 

全国で集めることができます。

 

なのに、西日本にオガ炭工場が集中しているのはなぜか?think

 

と考えてみると、冬季における原料確保と気温ではないかと思います。。。

 

あくまで個人的意見ですがcoldsweats01。。。。

 

雪が多い地区だと、原料を搬入してもらうのにも大変ですし、製材所の原料と

 

なる丸太も搬入することが大変です。

 

また、寒冷地では、原料となるオガ粉が凍ったりするので、扱いが大変

 

なのではないでしょうかcoldsweats01。。。。

 

年間通しての稼働ができないと、製造コストもかさみますしdown・・・・

 

その点、共同産業はflair、雪で交通網が寸断されることも

 

ほとんど無いので、年間通しての稼働がし易いeyeのではないでしょうか。

 

これからも共同産業はオガ炭を安定的に生産していきます。

研究開発

会議①.jpgこんにちはm(__)m

 

流行ものは好きですが、今流行りのインフルエンザeyeだけには

 

「絶対かからない!」為に、「手洗い」と「うがい」を励行upwardrightしている

 

意外に体の弱い山路sweat02です。。。

 

 さて、本日は現在「オガ炭」を生産する際に発生する

 

「煙」の有効利用に関する研究開発eyeの会議

 

を行いました。

 

産業技術センターさんや関係者にお集まり頂いての会議でした。

 

まだ、「煙」の有効利用に関する研究開発としかお話できませんが、

 

自然から頂けるものを、自然にやさしく、温かみのある製品

 

関係者の皆さんや様々な方からのお力をお借りしながら

 

開発ができればいいなと思っています。

 

共同産業は、これからも色々なことにチャレンジしていきます!

出張

2011012020470001.jpgおはようございますm(__)m

 

東京へ出張中airplane山路です。

 

久しぶりに、夜の新橋restaurantをぶらっと炭火焼

 

お店を数軒回ってみました。

 

一人なんでちょこっとだけ焼き物を頼むだけなんですが、

 

お客さんの入り具合、どんなメニューがあるのか

 

ある種市場調査みたいなもんですね!

 

いつも地元で飲むことが多いので、東京は本当に

 

人が多く活気があるように感じます。

 

ただ、店員さんに聞いても「あまり忙しくないdown。。。」

 

とのことで、まだまだ景気は良くないようです。

 

やっぱり。。。という感じですが。。。

 

ただ、さすがサラリーマンの街・新橋shine

 

たくさんの酔っ払いのおじさんたちを見ましたeye(笑)

 

日本の元気の源はやっぱり、この人たちなんでしょうね!

 

負けずに、共同産業も頑張っていきます!!

 

 

 

 

 

 

 

炭火の温かさ

 20101.jpgおはようございますm(__)m

 

元気を失っている友人・A木君にあせらず

 

無理せず、ゆっくり一歩づつ一歩づつfoot

 

乗り越えて行って欲しいと

 

思っている山路です。応援します。

 

 いつも炭火を見ながら思いますし、多くの方が感じられていると思いますが、

 

炭火eyeは冬場は体を暖めてくれますが

 

実は一番温めてくれるのは心shineではないでしょうか?

 

昔から、炭火や火には癒しの効果があるといわれています。

 

焚き火やバーベキューなどの火を無性にイジりたく

 

なる衝動に駆られる人も多くおられるのではないでしょうか?

 

共同産業のオガ炭の多くは外食や中食の業務用炭eye

 

として販売しておりますが、心も温まるような製品rockを社員みんなで

 

生産し、お客様に提供し続けていきたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「炭家」の人達紹介②・・・野村工場長

 野村工場長.jpgおはようございますm(__)m

 

この厳冬でも毎朝7時から、交差点付近で街頭演説をしているkaraokeI先輩の信念の強さに

 

感心をしている山路です。ガンバレ!!

 

 さて、久しぶりの「炭家」の人達紹介シリーズshineです。

 

本日、紹介するのは野村工場長eyeです。

 

野村工場長は、写真で見れば、恰幅が良い(笑)happy01のですが、

 

見た目には想像できないぐらい身のこなしもフットワークrun

 

軽いんですよscissors

 

また、非常に責任感もあり、知識も豊富で、行動派なので、

 

本当に頼れる男で、工場のみんなからも信頼の厚い男flairです。

 

きっと、これからもこれまでと変わらぬ情熱を持って、共同産業のオガ炭を

 

生産upしてくれると思いますので、よろしくお願いいたします。

 

 最後に、みんながびっくりするぐらい食べるんrestaurantですが、そろそろみんながびっくりしない程度の

 

量にしてくださいね!(笑)